オフィスデスクを使う目的とは?導入する前に知りたいこと

オフィスデスク選びは慎重に!口コミを参考にしよう

オフィスデスクを使う目的とは?導入する前に知りたいこと

デスク

様々なオフィスデスクの種類に注目

オフィスデスクは大きく分けて7種類あります。
・天板と脚が薄くセンターに引き出しがあるシンプルな机(平机)
・机の片側に床までの引き出しがある机(片袖机)
・机の両側に袖机がある(両袖机)
・天板が長方形ではない(ラウンドデスク、L字デスク、コーナーデスク)
・木製の大きな机(役員用デスク)

オシャレにするならカラーにこだわろう

一昔前は濃いグレーの机から、白い天板やナチュラルな木製風天板、黒い天板などオフィススペースに合わせて選ぶことがきます。さらに自由にポップなコーディネートをしたいときにはビビットカラーを選ぶことができます。ビビットカラーは色を統一するだけでなく、あえてバラバラなカラーを選んで新しいスタイルを作ることができます。

相場はどれくらい?価格帯をチェック

一般的なオフィスデスクはタイプやメーカーによって相場は異なります。10,000円以下のものもありますが、20,000円以上のものがほとんどです。サイズによって価格の違いがありますが、その他にも配線ダクトやセンターの引き出しの有無、デスクの脚の形状など選ぶ組み合わせによって価格は変わります。

オフィスデスクで業務効率アップ!

デスク周りをきれいにしておくと仕事の効率がアップします。収納するものに合わせて分類することがポイントです。
・書類は積んでしまうと探すのに手間がかかります。ケース入れファイルを用途に合わせてわけて収納、ファイルはサイズを揃えるとすっきり見えます。
・机用のラックを利用すると見た目がすっきりします。作業スペースを広げることができます。
・机の上に散乱しやすいペンやメモ帳は小物入れに収納して必要なときにすぐに使えるようにしておきます。

オフィスの備品を新調した企業の口コミ

オフィス移転時には

古くなった家具類や新オフィスのレイアウトに合わせたオフィスデスクや会議用プロジェクターなどさまざまな備品の入れ替えを行います。移転規模が大きくなるほど備品の手配忘れなどが起こりやすく、少しのミスが大きな影響になることもあるので気をつけた方がいいですよ。

移転後に足らない備品があったりサイズ間違いが発生

稼働開始後にデスクが足らなかった、購入した備品が部屋に入らなかったなど事前準備の手配数量の確認やサイズの確認はバタバタしている時期だからこそしっかり行なうといいですよ。

カラーを統一して清潔感のあるオフィスに

雑然としているオフィスの注目ポイントは統一感です。とくに歴史あるオフィスほどさまざまな備品を使っているため統一感がなかったり、書類の多さから「ごちゃごちゃ」感が目立ってしました。

広告募集中