オフィスデスクの形は様々。選ぶ時参考になる情報

オフィスデスクはどのくらい必要?賃貸サービスを利用する場合

オフィスデスクの形は様々。選ぶ時参考になる情報

会社

オフィスの形態はいろいろ

オフィスワークは自分の決まったオフィスデスクに座って業務を行う、という働き方には変化が出てきました。事務的なデスクと隣の席との間に仕切りが設置されるようになり、さらには決まった席ではなく業務を行うパソコンさえあれば、「オープンスペース」を利用し毎日自由な席で業務を行うようになってきています。オフィスデスクは一人一台が与えられる時代から、オープンスペースの利用からワークスペースを共有するだけでなく、在宅ワークという働き方から一人一台のデスク制度がなくなった企業も少なくありません。

人が増えるとオフィスが足りなくなる?

フリーアドレスの活用、在宅ワークなどのワークスタイルが増加しています。パソコンさえあれば会社に行くことなく、カフェや自宅などでどこでも仕事をすることができる働き方もできるようになりました。会社に行って仕事をするときにはフリーアドレスを活用して小規模スペースでコスト削減をすることができます。業務拡大から働く人数が急に増加してもフリーアドレスの活用などを小規模スペースでも活用することができ、オフィス不足を解消することも可能になりました。

賃貸というスタイルに要注目

起業したばかりならば賃貸物件の中でも、レンタルオフィスの活用は選択のひとつです。レンタルオフィスには
・インターネット環境
・コピーやFAX、電話機などの通信機器
・室内清掃サービス
などの完備から、受付・秘書サービス、経理代行・税務サービスなども利用が可能です。
レンタルオフィスは、時間貸しから年契約も可能です。5~13坪程度の小規模スペースですが、一般賃貸オフィスと比べて格安です。起業したばかりの企業だけでなく、少人数の事業所やSOHO事業者に注目されています。

広告募集中