オフィスデスクで社内を綺麗にするメリット

男性

キレイなオフィスにするには何が必要か

新しいオフィス家具を揃えることは簡単ですが、使いこなせなければキレイをキープすることができません。整理整頓と統一感を持つことによって「ごちゃごちゃ」な環境から整える環境へと変化することができます。

オフィスをキレイにすると仕事の効率が上がる?

キレイなオフィスは従業員のモチベーションがアップし仕事の効率もアップします。オフィスデスクも仕事をしやすいファイルの活用やラックを利用するとスッキリした環境で業務を行うことができ効率をアップすることができます。

整ったオフィスなら業務効率が段違い!

・サイズの揃ったファイルを利用するとラック内がスッキリさせる
・ファイルには共通ラベルなどを貼っておき探しやすくしておく
・文房具の収納場所を決めておきスタッフの共通認識としておく
など、少しの工夫ですが、整えることによってオフィスワークの効率がアップします。

業務効率化に欠かせないオフィス製品ランキング

no.1

机の上に置く机上台の活用

書類を収納できる棚や事務用品などを収納できる引き出しがついている机上台は、書類の紛失や文房具が散乱を防いでくれます。
最近主流のタブレット端末やスマートフォンも収納をすることができる机上台もあります。

no.2

マルチ収納スタンドで文房具を収納

複数のペンやハサミ、修正テープ、ホチキスなど散乱しやすい文房具を収納できるマルチスタンドはひとつあるだけで簡単に整理整頓することができます。

no.3

フリクションペンやフリクション蛍光ペン

書いても擦れば消えるフリクションペンは便利アイテムです。蛍光ペンタイプもマーカーをしても消せるので間違って引いてしまっても簡単に消すことができます。
注意点には、重要書類にはフリクションペンは利用できません。

時には必要?オフィス移転に考慮するポイントをチェック

現在入居中のオフィスの契約確認

移転先のオフィスばかり気にせずに、現在入居しているオフィスの契約の確認は大切です。
現在入居しているオフィスの賃貸契約書にて
・契約内容に関する特約条項の有無の確認
・解約予告期間の確認
・原状回復工事の指定業者の有無
を確認します。

移転先物件の内覧時のチェック項目

移転先の物件探しには
・面積に注意
面積は壁心計算で表示される事が多いため、内寸面積は一回り小さくなるように計算しておく

・入居中の他のテナントの確認
飲食店が入っているビルの場合には臭い、雰囲気の悪い他入居テナント、エレベーターの待ち時間が長い、他テナントと一緒に使う共有スペースの使われ方など

・天井の状況をチェック
会議室や応接室などオフィスワークスペース以外に個室を作るときには照明や空調など天井の状況にってレイアウトができないこともあります。レイアウトイメージをしながら内覧していきます。

賃貸借契約を結ぶ前に

移転先の賃貸オフィスが決まったら、申込から賃貸借契約となります。
表面的な賃料や共益費などだけでなく、納得できる賃貸借契約を行います。
・賃料だけでなく、礼金や更新料、水道光熱費、清掃費などトータルコストを踏まえてから契約をします。
・賃料や共益費などが無駄に発生しないためにも移転スケジュールをしっかりと決めます。
・入居工事作業区分を確認し業者の交渉を行います。
指定業者は通常工事費用が高くなる傾向があります。業者指定を外すと費用を抑えることできる可能性があります。

広告募集中